読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素水飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」の導入はどうなった?

f:id:coolqoo:20160811201710j:plain

 

“うだる暑さ”とは正にこの時期の事を表現するには的確過ぎます。言葉をイメージするだけでも汗が全身から噴き出して来るのは、決して私だけではないと思います(笑)

 

さて暑さによる脱水や熱中症防止には第一に水分補給が必須となります。その対策として、勤務先の会社でも数年前にボトル宅配タイプのウォーターサーバーを利用していました。

 

ところが飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」へ乗り換えて、月30,000円以上の請求がたったの4200円になり、経費節減へ大きく貢献した話がありました。

 

その後、女性スタッフの中では美容と健康の話になると、結構な頻度で水素水の話題が出るようになりました。

 

そして、「充分経費の節減になっているなら、同じシリーズの水素水が飲み放題できる、ウォーターサーバーのクールクーへ切り換えても問題ないんじゃないの~」という声も出始めました。

 

そして、とうとう会議の議題にまで上がって来ました。

 

そして結果どうなったと言うと・・・

なんと飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」から水素水飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」へ切り換える事になりました~!

 

ちなみに取替費用は撤去費等があるため多少の費用はかかったようです。それでも毎月30,000円以上の経費から考えると、月定額4200円から9000円になっただけなので一瞬でOKが出たようです。

 

 

 

飲み放題・使い放題ウォーターサーバーだからこんな使い方ができる!?

 

その後切換えの作業が終わり、かなり蒸し暑い日に若干女性っぽいキャラクターで色白の男性スタッフが、炎天下の営業から帰社してきた際に面白い使い方をしているのを見かけました。

 

彼は日焼けをすると赤くなるタイプなんですが、大きな蓋の水素水専用ボトルにウォーターサーバー「クールクー」の水素水を七部目くらい入れ、そこに冷凍庫で凍らせたおしぼりを入れて湿らせ、顔全体に冷パックをしているではありませんか!

 

思わず「ナイスアイデア」と女性スタッフが唸っていましたが、その傍らで男性上司が「そんな使い方する?」と苦笑していたのが印象的でした。

 

とは言え、体に良いと言われる水素水を口から飲むだけではなく、肌から飲ませるというアイデアは確かに良いかも知れません(笑)

 

私も水素水には興味がありましたが、自宅では妻との話合いで水素水を飲み放題ではなく、通常の飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」を導入したため水素水はお預けでした。

 

そういう意味では、会社で水素水飲み放題への乗換えは少し嬉しいのが本音です。

 

それにしても年齢に関係なく、美と健康を永遠に追い求める女性スタッフの意見と言うのは、男性の理屈や正当性という概念を簡単に越えるパワーがある。それを強く思い知らされた出来事でした。

 

 

 公式サイトはコチラ ↓ ↓ ↓ 

 

水素水飲み放題のウォーターサーバー「クール・クー」

 

RO水飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」

 

 

水素水ウォーターサーバー「クールクー」初期費用無料キャンペーン延長中!

f:id:coolqoo:20160709181651j:plain

 

今年は例年にも増して、「猛暑」の言葉が似合ってしまう夏になりそうです。

 

昨年の5~9月における全国の熱中症患者の救急搬送者数は、何と56,000人にも上っていた事が総務消防庁のまとめで発表されていました。しかも、約半分は65歳以上の高齢者と聞いてびっくりです。

 

もちろん、潜在的な数字は含まれていませんので、実際はもっと多いと思います。

 

となるとあなた自身もそうですが、「あなたの親もいつ熱中症になるかわからない」とうい事を気付かせてくれるには、充分な数字ではないでしょうか?そう言う意味では決して見逃せない情報とも言えますね。

 

あなたもご存じのように熱中症の原因は発汗による脱水症状などが原因で起こる障害と言われています。頭痛やめまい症状が出たり、ひどい場合は意識障害や死に至るケースもあるので、予防がとても大切です。

 

ではいったい何をしたらいいのでしょうか?

 

部屋の温度が上がらないようにしたり、外出の際は帽子をかぶったりの対策があります。ところが動かなくても、この季節は脱水してしまうわけですから、何をさておいても「水分補給」をコマメにするのは重要ですよね。

 

お水代を気にせずに水分補給したい方。そんな人へ朗報です!

 

 

 

次世代ウォーターサーバーとして最近注目を集めだしている、飲み放題ウォーターサーバー(クールクー)が「ROろ過コース」と「ROろ過水素水コース」共に、初期費用18,000円を無料にしてくれるキャンペーンを延長してくれているようです。

 

期間限定でスタートしていたようですが、これだけ蒸し暑い夏だととにかく冷たい水を欲しくなるのは誰しも避けられません。

 

しかし、体力の低下した方や高齢者は、スーパーなどにミネラルウォーターのペットボトルを買いに行くのも重労働になります。それ以前に、出かける事さえできなくなることもあります。

 

もしウォーターサーバー「クールクー」の販売会社が、その方たちの生活を支えるべく導入しやすいようにしてくれると助かります。

 

そして、「特に夏場にはキャンペーンをした方がお客様のためになる」と考えての事なら、社会貢献と言えるかも知れません。ほめ過ぎかもしれませんが・・・

 

我が家も導入していますが夏場の水の消費量を導入前に、お茶・コーヒー・味噌汁・炊飯用・水筒などでおおよそ計算してみました。すると夏場ともなると家族4人で一日平均20リットル程になっていました。

 

普通にペットボトルで買っていたら、2リットル入り一本100円☓10本×30日=30,000円もかかるため、予想以上にお水は高くついている事がわかります。

 

我が家も、ウォーターサーバー「クールクー」導入に難色を示していた妻に「安全な水が月々定額で4,200円で飲み放題なら、検討の価値はあるでしょ?」と 説得したのを鮮明に覚えています(笑)

 

結果的に我が家もウォーターサーバー「クールクー」導入してから本当に良さがわかり、お隣の高齢者夫婦は「水素水コース」会社のスタッフ数名が「ROろ過水コースと水素水コース」を使い始めた経緯があります。

 

今朝この猛暑の中ジュニアのサッカー大会があり、子供に4リットルの水を持たせた女性スタッフがいました。会社で会うとニコニコして近づいてきて、「安くて安全な水を教えてくれて有難う」と言われました(^o^)

 

とは言え何か気恥ずかしいですが、気分がいいものです(笑)

 

何をさておいても熱中症防止のために、あなたもこまめな水分補給で猛暑をのり切ってくださいね!

 

 

「 ROろ過水」飲み放題コースはコチラ>>

 

「ROろ過水素水」飲み放題コースはコチラ>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーターサーバー「クールクー」の月額料金はiPhoneより安い!?

f:id:coolqoo:20160619225623j:plain

 

生活の中で手放せなくなった物と言えば?「多くの方がスマホと答える」と言っても決して過言ではないような気がします。中でもiPhoneは群を抜いていると言えるのではないでしょうか?

 

先日子供の幼稚園からつながりのある家族が、久しぶりに遊びに来た時の会話で、「このウォーターサーバー(クールクー)の月額料金って、私のiPhoneより安いじゃな~い」と、奥様の口から飛び出した言葉がこれでした。

 

聞くところによると、CMでお馴染みの某通信メーカーの月定額料金プランへ加入はしているそうですが、子供へスマホを持たせていないため、外出先では小学生の子供が動画を見る事を少しだけ容認しているとの事。

 

精神衛生上や目のためにスマホは良くないと言いながら、体の約60%も占めると言われる“大切な水“に関わる事へは費用面を気にして消極的だったらしく、ウォーターサーバー「クールクー」が夫婦で使用中のiPhoneの月額料金より安い事に驚いての一言でした。

 

 

クールクー公式サイトはコチラ>> 

 

すると健康面への話題が始まり、ご主人の酒代や飲み代が毎月いくらだのとの展開へ変わり、その後健康の話でしばし小競り合いタイムとなりました(笑)

 

そして勢いに乗った奥様の口から「家族全員の健康のためになるなら、月々4200円なら安いよねパパ」との質問に「確かに安いなあ」と返すと、すかさず「飲み代を1回減らせれば出せるんじゃないの?」と、皆の前でご主人へお伺いのような、命令とも取れるような微妙な言い回しの言葉が出てきました。

 

さすがにこれには異論を唱えるだろう、と私たち夫婦は感じたのですが、皆さんもおわかりのように、家庭を持つとそこには見えない力関係が存在するわけです(笑)

 

まあ、ご主人も安全な水への興味はあったため、「確かに家族の健康のためになるなら」という事で奥様との交渉の末、小遣いと生活費の折半でウォーターサーバー「クールクー」を導入という話に落ち着いたとメールがありました。

 

ん?という事は2100円ずつなんでしょうね?細かいですけど・・・

 

ちなみに我が家はウォーターサーバー「クールクー」は私の小遣いではなく、家族の生活費から毎月支払っていますし、何より健康で仕事が出来るように、安全な水を毎月この金額で買っていると思えば、決して高いとは思わないと言うのが夫婦の一致した意見です。

 

皆さんも小まめに水分補給をして、暑い夏を是非乗り切ってくださいね!

 

 

飲み放題のウォーターサーバー|CooLQoo(クール・クー)

水素水飲み放題ウォーターサーバーだけでは暑さ対策にならない!

f:id:coolqoo:20160605002152j:plain

 

熱中症対策のために水を飲みましょう!」暑い時期になるとメディアや行政発信の掲示資料などで、この言葉を見たり聞いたりする回数が増えてきます。 

 

では水を飲めば本当に熱中症は防げるのでしょうか?答えはNOですよね!と言うのは、もちろん水以外にも屋外であれば帽子、室内であれば部屋の温度調整など様々な要素が必要になるからです。 

 

そんな中でも、つい忘れがちなのが「塩分の補給」です。 

 

「塩?」と思う人もいると思いますが、あなたの体を構成する60兆個の細胞たちへ、酸素や栄養を運んでくれる血液の中の塩分濃度が変化すると、人によっては、めまい・ふらつき・脱水症状が起きてくるのは何となく聞いた事があるかも知れません。 

 

(参考までに血液の塩分濃度は塩化ナトリウム換算で0.9%で汗の塩分濃度は諸説ありますが、約0.4-0.5%と言われています。) 

 

体全体からの比率は少なく感じますが、少ないからこそコンマ何%の増減で体調が悪くなってしまうという、重要な成分とも言えたりしますね! 

 

また体温調節のために暑い時期には大量の汗をかきますが、冬場に比べると比較にならない量の塩分が失われるのは、汗を舐めて「しょっぱい!」と感じた経験があれば容易にイメージできますよね? 

 

ちなみにそんな時に水を大量に飲んで体内の塩分濃度が一気に下がると、神経伝達が正常に働かなくなり、人によっては嗜眠(しみん※1)や精神錯乱が起き、さらに症状が進むと昏睡状態になる可能性がありますので要注意と言う人もいるようです。

 

 

 

暑い時期だからこそ水分だけでなく塩もセットで!

これらの事から、確かに水素水飲み放題ウォーターサーバーがいくら体に良いとは言え、塩分を補給してくれるわけではないため、「水素水ウォーターサーバーだけでは暑さ対策にならない」という事になります。 

 

では塩分はどうしたらいいの?という問題が出てきますが、昔からあるスポーツドリンクや最近では炎天下でも手軽に持ち歩ける「塩飴」などもあります。少年野球やサッカーでも大活躍です。また、建築作業員や高齢者施設など多くの人が利用しているようです。 

 

私も飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」を導入したら、熱中症は無関係と考えていましたが、昨日まで4日間欠勤していた40歳代の女性スタッフが本日出勤してきたため事情を聞いて見ました。 

 

すると先週末に炎天下の中、いつもより長めの山登りをしたそうです。ところがその際に自宅へ導入した飲み放題ウォーターサーバーの水を2リットル持参しましたが、塩飴を忘れたそうで熱中症になり帰宅した後に動けなくなったそうです。 

 

もしあなたが、多くの汗をかくこの時期に熱中症などの暑さ対策として、既に飲み放題ウォーターサーバーや水素水飲み放題ウォーターサーバーを愛用していたり、これから導入しようと検討中であっても、特に暑~くなるこの時期は安全な「水」だけではなく「体の健康に大切な塩分」はくれぐれもセットで考える事を忘れないでください。

 

水素水が飲み放題のウォーターサーバー|CooLQoo(クール・クー)水素水コース

 

 

 

ウォーターサーバー「クールクー」は、水素水飲み放題コースへ乗換えられるの?

 f:id:coolqoo:20160515210906j:plain

ついに事件が起きました!といっても警察沙汰のような事件ではありませんが・・・ 

 

と言うのは、会社でボトルタイプのウォーターサーバーから、飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」へ乗り換えたところ、良さを知った女性スタッフが自宅へクールクーを導入して使い始めました。

 

すると、 他のスタッフやその知人・友人の数名へ「お得で安全なら私も自宅で使いたい」と、伝染するかのように導入すると言う現象が起き始めました。

 

ところがその後、水の需要が多い夏のせいなのか、スタッフの間で水の話題になり「改めて導入した飲み放題ウォーターサーバー(クールクー)がどのタイプだったのか?」という話題になった日がありました。

 

ちなみにタイプと言うのは、

「 ROろ過水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」と

「ROろ過水素水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」の事です。

 

そして、「 ROろ過水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」を自宅へ導入したスタッフが口火を切ったようですが、なんと「やっぱり、会社には水素水飲み放題ウォーターサーバーを導入して欲しいよね~」と言い始めたのです。

 

もうそうなると、女性の皆さんの団結力は誰にも止められませんよね(汗) 

 

その後、会議の議題にまで上り当然金額の話になりました。、「 ROろ過水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」の導入前に利用していたボトル宅配タイプは、月請求額が30,000円を超える事がありました。

 

ところが、「 ROろ過水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」は飲み放題で月々4200円で使えます。仮に「ROろ過水素水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」でも9000円になるだけです。

 

「その金額なら、それでも以前の30,000円とは比較すると経済的」という事で、結局承認さたようです。 確かにその金額で、美と健康を追い求める女性スタッフの気分が良くなるなら、安いのかもしれません(笑)

 

 

実は、会社が恐れたのは「今あるROろ過水飲み放題コース」とは別に、もう1台水素水飲み放題ウォーターサーバーを入れても、まだ安いくらいじゃない」と言われないか?だったようです。と言うかその勢いはありました・・・(汗) 

 

しかも、今回の話題の中心が勤務年数の長い「お局さん」なので、その状況がわかる人はわかると思います(笑)

 

ちなみに私は、自宅で「ROろ過の飲み放題ウォーターサーバー」を活用していますが、不自由はしていませんし重宝しています。 

 

しかし、正直に言うと密かに「水素水飲み放題ウォーターサーバーが会社にあれば両方飲めるなあ」と考えた事がないかと言うと否定できません。そういう意味では、ちょっと嬉しい気もしています。 

 

少々前置きが長すぎましたが結論は、

安全でおいしい水を、低料金でいつでも飲みたければ

「 ROろ過水飲み放題ウォーターサーバー・クールクー」

 

水素水を安全でおいしく、低料金でいつでも飲みたければ

「ROろ過水素水飲み放題ウォーターサーバー・クールクーだよね!」

このように女性スタッフの皆さんは、このように落ち着いたようです。

 

結局、販売会社へ聞いたところ、飲み放題ウォーターサーバー・クールクーは、水素水飲み放題コースへ乗り換えは可能との事です。但し、入替費用が多少必要になるとの事でした。

 

こんな事がプチ事件と言えるのは、日本が平和である証拠かも知れませんね(笑)

 

 

CooLQoo(クール・クー)公式サイトはこちら>>

ウォーターサーバー飲み放題は命を守る!と言える?

f:id:coolqoo:20160501161708j:plain

一年の中で長期休暇の3番目?あたりと思われるGWを迎え、周囲ではBBQやら小旅行やらスポーツなど外出機会が増えていますが、暑~い夏に向かっているのも肌で感じますね。

 

そうなんです、その肌から運動をしなくても自然に汗をかく時期に入ってきていますが、「私はあまり汗をかかないから水分補給も気にならないの」という人もいるかも知れません。 

 

ところが先日目にした冊子に、昨年夏の蒸し暑い日に介護の仕事をしている人の経験談が掲載されていました。仕事で高齢者のお宅へ伺った際に「蒸し暑い部屋で水分も摂らずに熱中症になってしまい、車いすのに座ったまま意識を失っていた」そうです。

 

幸い一命は取り留めたそうですが、その後体調が一気に下がってしまったそうです。水分補給を侮ってはいけないと教えてくれる出来事です。

 

 期間限定の初期費用無料キャンペーン中>>

 

人は1日に約2.5の水が必要になると言われていますが、気温を感知する感覚機能が低下すると「喉が渇いたから水を飲もう」と感じにくくなるため、「私は若いから大丈夫」とかの問題ではないかも知れません。それにしても「介護業界ではよくある話し」との事ですが、水分補給はとっても重要ですね。 

 

また汗が出なくても不感蒸泄といって、皮膚から1日0.5リットルの水分が出ている事はけっこう忘れがちなので要注意です。 

 

もちろん命の危険だけではなく、みずみずしいお肌は見るからに潤いや弾力性があり、見た目にもとても綺麗ですし健康的にも見えます。逆に水分不足の肌はカサカサでまるで反対の印象となる事も少なくありませんよね!

 

飲み放題ウォーターサーバーは視覚効果も安全性も大切!

個人的な意見ですが、冷蔵庫を見た時に反射的に「何か飲み物がなかったかな~」と反射的に感じる事があると思いますが、自宅に飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」を導入してからは、水分補給のキッカケは冷蔵庫よりも「クールクー」の方が多く感じます(笑)

 

そういう意味では飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」に限らずウォーターサーバーがあれば、「熱中症防止や美容のためにも水分を摂れる」というメリットがありますね。

 

また今年は飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」を導入してから初めての夏という事で、「我が家や熱中症とは無縁でした(笑)」と言えるようになればと思います。 

 

それにしても飲みたいと思った時に、5℃の冷水と85℃の温水がすぐに飲める環境?時代?になるとは、予想もしていませんでしたが体感するとかなり快適です。しかも飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」に搭載されているのは世界最高クラスのROろ過フィルターということで、安全性においても世界最高水準と言えるかもしれません。

 

>>クールクー公式サイトはこちら

飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」が選ばれる理由!

f:id:coolqoo:20160426212229j:plain

 

想像以上に水分は必要かも?

今やペットボトル入りの水を買うために、コンビニを利用するのは当たり前の光景ですが、私も飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」を買う前までは、外出の際にはかなり本数を購入していました。 

 

そんな中でも、夏場の水分消費量が多いのは小学生でも理解できると思いますが、少し汗をかく程度でも約1リットルの水分が失われ、真夏の激しい運動の場合は約10リットルの汗をかくと言われているので、想像以上の水分補給が必要になるのがわかります。

 

 

 

水はけっこうお金がかかる!

最近では小学生でも、水道水から直接「水」を飲まずに水筒持参で外出するのが普通の時代ですが、これまで我が家も遠出の際は季節に関係なく、お茶や水を保冷バックに入れて外出していました。 

 

単純計算で1人・1日2リットル飲む場合、安いペットボトルでも100円前後なので4人家族だと月12000円かかりますが、調理や外出・来客のお茶やコーヒーなども加えるとそれ以上かかっていたと思います。 

 

知人のお宅では節約のためにペットボトルの水は飲料水にだけ使っていますが、「本当は洗米や味噌汁や鍋などの料理にもどんどん使いたいのよね~」と話していました。ところが子供のサッカー持参用の水は「現場でなくなったらで安全の為だから、必要な分はコンビニでもいいから買いなさい」というルールだそうです(笑) 

 

そう言う意味では飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」は、安全でおいしい水が飲み放題でしかも月々4200円なので、使えば使う程安くなっていく事になるためかなりお得と言えます。 

 

クールクーはお得なだけではなく、水道管直結なので宅配ボトルがありません。そのため発注の手間や保管の場所も不要なのが高齢者や女性にも優しく、腕力はあっても多忙な方にも助かるのが嬉しいですね。世間の水事情はどんどん変化していますね。

 

熱中症対策にも飲み放題ウォーターサーバーは使える?

私は以前から冷水と温水がいつでも使えるウォーターサーバーを、自宅に導入したいと思いながらも妻の反対で我慢していましたが、たまたま安全でおいしい水が費用を気にせず使いたい放題・飲み放題のウォーターサーバー「クールクー」と遭遇しました。

 

まだまだ世間には高額な水の情報も多いので、そういう意味ではラッキーだったかもしれません(笑) 

 

人は体内の20%以上の水分を失うと命を落とすそうです。特にこれからの季節は水分補給が必要になるのは言うまでもありません。家族全員の健康を守るためにも暑い夏を迎えるための熱中症対策の準備をしていきたいものです。

 

飲み放題ウォーターサーバー「クールクー」の公式サイトはコチラ>>