読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cool Qoo(クールクー)メリットとデメリット

何でもそうかも知れませんが、そのすべてが良いと言うわけではないと思います。それはCool Qoo(クールクー)にも当てはまる事なので、今回はその事を書いて見る事にします。

 

ウォーターサーバが世の中に出始めた頃からしばらくして、自宅に置きたいなあと考え始めたものの、妻の反対もあり数年間設置をしなかった私ですが、いよいよウォーターサーバーを設置しようとした際には、「せっかく導入するなら」と以下のメリットとデメリットを調べた上で判断をしました。

 

私が感じたCool Qoo(クールクー)のメリット

 

◎ランニングコストが安い・・・我が家の水の消費量を計算すると明らかに安くなる 

◎ボトル不要・・・自動給水タイプなので宅配ボトルの発注や受取保管場所・取替が全て不要なる。 

◎常に衛生的な状態を保つ事ができる・・・年1回の有人メンテナンスサービス無料 

◎お茶やコーヒーすぐに飲める・・・妻が料理中でも邪魔にならない←これ重要ですよ! 

◎安全な水を飲める・・・海水を真水に変え放射線物質も除去する世界最高水準の技術ROろ過を採用

 

私以外でCool Qoo(クールクー)自宅で使い始めた会社の女性スタッフ数名へも「なぜ導入したの?」と聞いて見たりしましたが、安全性・コスト面の回答が多くありました。中には美容と満面の笑みで答えてくれた40歳代の女性スタッフもいました。

 

 

次は私が感じたCool Qoo(クールクー)のデメリット

 

◎給水工事が必要・・・常に水を供給できるように水道管から分岐工事が必要になる。         おおよそ30~60分程度 

◎月の定額料金がかかる・・・家族が3人以下で水の消費量が少ない場合はコストが上がってしまう可能性がある。 

◎ミネラル成分が入っていない・・・ROろ過技術のピュアウォーターサーバーのためミネラルが残らない。

 

以上のようにCool Qoo(クールクー)のメリット・デメリットを書いて見ましたが、

「必ずしもCool Qoo(クールクー)が全ての人に良い」という意味ではなく、あなたの家族を含めたライフスタイルに合うかどうかも含めて、メリットがあれば導入して見るのも良いと思います。

 

いや~Cool Qoo(クールクー)を自宅へ導入した、女性スタッフの皆さんのコメントを、軽い気持ちでブログへ書いて見ようと考え聞いて見ましたが、それ以外の話の方が多く頭の記憶容量が少ない私は質問した事を後悔する場面もありました(笑) 

 

少なくとも我が家とその女性スタッフの皆さんは、Cool Qoo(クールクー)がとっても向いていたので導入して良かったという印象です。

 

 

coolqoo.com